C#, DataTable, Rows

データテーブルの行数を取得する

データテーブルに格納された行数を取得するには「dt.Rows.Count」とすることで

現在の行の件数が取得できます。

ここでは、行の件数をコンソールに出力しています。

// ...

C#, DataTable, Rows

foreachで行を取得する(DataRow)

今回のループ処理は foreach文を使用します。

foreach 文の指定は、以下の内容とします。

・ foreach (DataRow dr in dt.Row ...

C#, DataTable, Rows

forで行を取得する(index)

今回のループ処理は for文を使用します。

for 文の指定は、以下の内容とします。

・initializer セクションは、0 から始める。

・cond ...

C#, DataTable, Rows

行を取得する(index)

「dt.Rows」の 部分に、

インデックスを指定することで行が取得できます。

ここでは、インデックス 0 を指定して、行を取得しています。

//データテーブルの初期化 Data ...

C#, DataTable, Rows

行を削除する(DataRow)

「dt.Rows.Remove(DataRow)」を使用します。

まずは削除したい行を取得します。

取得したDataRowをdt.Rows.Remove(DataRow)と指定する ...

C#, DataTable, Rows

行を追加する

「dt.Rows.Add()」を使用して、データテーブルに行を追加します。

Add()の引数に何も指定しない場合は、各列の値はデフォルトの値を元に行が追加されます。

//データテーブルの初期化 DataT ...

C#, Columns, DataTable

列が存在するかチェックする

今回の存在チェック処理は、dt.Columns に対して行います。

dt.Columns.Contains(“”)のダブルコーテーション(“”)中に ...

C#, Columns, DataTable

foreachで列を取得する(DataColumn)

今回のループ処理は foreach文を使用します。

foreach 文の指定は、以下の内容とします。

・ foreach (DataColumn dc in ...

C#, Columns, DataTable

forで列を取得する(index)

今回のループ処理は for文を使用します。

for 文の指定は、以下の内容とします。

・initializer セクションは、0 から始める。

・cond ...

C#, Columns, DataTable

列を取得する(文字列)

「dt.Columns」のダブルコーテーション(“”)中に

文字列で列名を指定する事で、列が取得できます。

ここでは、TANKA(単価)の列を取得していきます。